悩みを解決するのは占いではなく自分だということを忘れないようにしましょう

占いに悩みを相談する人は多いですが、占いは悩みの解決方法を教えてくれるものではないということをしっかり理解しておかなければいけません。相談して、言われた通りにすればだれでもうまくいくというわけではありません。悩みを解決するために占いを上手に使うためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

占いの言いなりにはならない

占い師の性格にもよりますが、辛口で、きっぱりと言い切る占い師もいます。弱気な性格の人だと、命令されているような気持ちになって、占い師に言われた通りにしなければいけないとプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。でも、占い師の鑑定結果はあくまで占いの結果です。それを信じるも信じないも自分が決めることです。
悩みを解決するために、占い師のアドバイスが役立ちそうだと思えば実践してみれば良いですし、不本意であれば言いなりになる必要はありません。どんな時も決めるのは自分ということは忘れないようにしましょう。
そして、言われた通りにやったのに、うまくいかなかったといって占い師を逆恨みしても意味がありません。答えを出して、前に進むのも占い師ではなく自分です。電話占いにすべてをゆだねてしまうのは危険です。なかなか一歩が踏み出せない時にそっと背中を押してくれるだけの存在というイメージでりようするのが上手な利用方法です。

自分で悩み解決のために動き出す

占いに相談しても、何もしなければ悩みが解決しないのは当然です。悩みを解決したいなら、占い後、自分で何か変えようとしなければなりません。占い結果を参考にしながらどうしていきたいのか、自問自答し、前に進んでいきましょう。

悩みを解決するのは占い師ではなく自分です

電話占いに悩みを相談する人の多くが、占い師が悩みを解決してくれると思いがちですが、占い師にはそんな力はありません。どんな時も悩みを解決するために何かをするのは自分だということを忘れないようにしましょう。

関連する記事